カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の118件の記事

震災3ヶ月目

 震災の発生から2ヶ月が経ちました。
 連日の原発関係の報道を受けて、否が応でも原発について学ぶ必要に迫られました。とても大切な話なのに、いままであまりに知らなすぎました。
 知識の積み上げがないと理解できない話もたくさんありますが、まずは、日常生活に際して必要な程度に放射線のことを知りたいと思いました。
 ところで、こうした知識を得ることと、これからの日本の電力について考えることはまったく別です。後者には「思想」が絡んできます。正しい放射線の知識を教えてくれる人が、必ずしも自分と同じ考えを持つとは限りません。
 話を難しくするのは、ときに、前者に対しても思想を絡める人がいることです。いまに始まった話ではありませんが、必要以上に安全性または危険性を強調し、それでよしとする人が確かにいます。
 誤った知識を学ぶと、損をするのは学んだ側です。誤りであるかどうかの判断が素人には難しいのですが、「多くの科学者の話を聴いて、極論を排除する」「新論を見かけたら再検証する」というやり方がいいのかなと思っています。

 さて、1988年は、今年と同じように日本で反原発運動に火のついた年でした(†1)。デモ活動や評論、漫画、音楽で反原発が叫ばれました。同年の「朝まで生テレビ!」では2回に渡って原発が論じられました。その貴重な映像がYoutubeにアップされています。
 当時主流となった広瀬隆さんらの方法には、不必要に扇動的すぎるという問題がありました。このため大きな批判を受け、やがておさまってしまいます(†2)。
 原子力発電が手放しで礼賛できるものではないことは、今回我々は身を持って経験しました。ただ、当たり前ですが、何に重点を置くのかで話は変わってきます。軌道修正するためには、原発の是非だけを論じるのではなく、電力をどう供給するのかという大きな枠で考えなければなりません。また、扇動的なやり方は受け入れられないという、1988年の反省も活かすべきです。

 「朝まで生テレビ!」の話に戻って、番組内の意見を2つだけ紹介します。
 原発に関して是々非々という立場がどういうものかは、番組後半で登場する西部邁さんの話に顕著に見られます(†3)。

「エネルギー問題については原子力エネルギーも含めて推進すべきか阻止すべきかという二者択一をそう簡単に言えるような状態ではない。これは日本だけではなく文明自体がそうだと思う」「我々が使っているほとんどすべてのものが近代文明の産物。そういうものをたっぷり恩恵を被っておりながら、しかもそれを素晴らしいものだと思っておきながら、たとえば原子力の問題についていずれか一方をとるかという極めて子供っぽい議論を展開する、何か考え方にどこかふしだらなものがあるのではないか」

 何より、ほとんどの日本人は普段エネルギー問題に無関心でいる割に、電力が供給され続けることを前提に生きているし、産業もそうやって動いています。ジャーナリストは「反原発」「推進派」というくくりをよく使いますが、大半の日本人は是々非々の立場でしょう(†4)。
 いつでもこの是々非々の立場に戻れる姿勢でいることは、感情的になりがちな原発を巡る議論において大切だと思います。誰が悪いのかを決めつけて満足し、思考停止していては、議論の意味がありません。

 一方で、西部さんは科学技術に対する不安は古今東西、普遍にあるもので、原子力だけが特別ではないとも話しています。本当にそうでしょうか。

 暉峻淑子さんは番組内でこう話しています。

「地球の歴史35億年か40億年の中で寿命がきて死に絶えたプルトニウムというものを、いま人工的に作り出して、日本列島の中で、いくらガラス(による固化)がどうかこうかと言ってもそこには地震もあるし、長い長い歴史の中にはほんとにいまわからないことも発生するでしょうね。そういうことの中で安全だということを言い切ることが果たしてできるのだろうか。それは科学の歴史に比べて、これからプルトニウムが2万何千年も半減期があるのはあまりにも長すぎる」

 最近日本でも公開された映画「100,000年後の安全」は、フィンランドの放射性廃棄物の隔離施設オンカロを追うドキュメンタリーです。10万年後、人類がいなくなったときの問題想定に至っては気の遠くなるような、ある意味無責任な話です。それでも、日本でも事故の発生有無とは無関係に、廃棄の問題は考えねばなりません。

 誰もがすべての点で納得するように解決するのは無理でしょう。それでも、同じ国で暮らしていくのであれば、どこかで妥協点を見つけるしかありません。

 1988年に、忌野清志郎が反核ソングを含むアルバム「Covers」を販売しました。私はずいぶんあとになってからそれを聴いたのですが、当時の扇動的な反原発運動を象徴していると思いました。その続編的な歌が並ぶアルバム「コブラの悩み」や、覆面をして歌った「THE TIMERS」のアルバムは愛聴盤です。TIMERSの反核ソングは歌詞ひどいですが。
 ROCKIN'ON JAPAN 特別号(2009/6)に収録された、Covers発売当時のインタビューでは、清志郎がやっぱりちょっと間違った放射線の怖がり方をしていて残念なんですが、それも時代を写しているのかなと思います。いま我々はもうちょっとだけ洗練された怖がり方ができると思うので、実践していきたいです。
 特別号は清志郎の亡くなった翌月に出たもので、他にも貴重な記事があります。と、まさかの音楽話〆。


補記
†1)
 Wikipediaの「原子力撤廃」に反原発運動の歴史がまとめらています。

†2)
 番組内で、西部邁さんを「広瀬さんの前で悪いけど、両陣営ともこの問題を語るときの言葉遣いがあまりにもエキセントリックで、こんな人間たちが推進するにしろ阻止するにしろ技術をうまく使えるとは思えない」、栗本慎一郎さんを「広瀬さんの『危険な話』みたいな書き方はかえってこの問題にマイナスを与える」「議論のレベルをずらしてるんだあなたは。あなたは学生時代に何やってきたんだ」と言わしめています。
 震災後も同じ路線で話されているようです。
教えて!スポニチ「広瀬隆さんの主張は正しいのか?」

†3)
 震災後も基本的に同じことを説いています。
TokyoMX TV 東日本大震災に際し『西部邁ゼミ』メッセージ2011年3月19日放送

†4)
Wikipedia 原子力より

「原子力の技術には長所と短所が数多くあり、人によりどの点を重要視するかによって肯定的な立場や否定的な立場をとる。2000年前後の時点で日本人は賛成する人と反対する人の割合に大きな偏りはないとされるが、しかし圧倒的に大多数の人が無関心である。関心を持つ人の間ではしばしば、原子力技術の将来の発展性、大事故の可能性、など科学的な評価の難しい論点が取り上げられ、事実よりはむしろ想像に基づく議論が展開される」
「原子力に対する肯定、否定の態度は最初に原子力の情報に触れた時に得た印象で方向付けられる傾向があるとされる。しかし原子力に関するほとんどの情報は肯定、否定いずれかの立場で活動する者から発信されているので初学者は注意が必要である」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

twitterおはじめ

  twitter始めてみました。

 

  http://twitter.com/naoaissha

 

  Vocaloidの開発状況のつぶやきがあるって聞いて、ほんとにそれを見るためだけに始めたんですが、何ができるかわかってくると面白くなってきました。新しいゲームを始めたときのような感覚。   
  twitter使ってる人には、大きくわけて「知り合いのみフォローする人」と「フォローされる数を増やしたくてどんどんフォローする人」の2タイプがいるようです。あっしはどんどんフォロー型で行こうかなと。フォローしてくれればおそらくフォローし返します。

 

  このtwitter、やってない人にその仕組みや面白さを一言で説明するのが難しい。とりあえず始めてもらうのが一番いいんだけど、食わず嫌いの人もいることだし、いまさら感たっぷりですが試しに言葉で説明してみます。しかも始めて2週間の若造がね!

 
       
  • たとえるならいろんな人のつぶやきがポストイットで貼り出された掲示板      
    この一覧は一定時間ごとに更新されて、新しいものから順に見えるようになってます。
  •    
  • 始めた当初は、この一覧は空っぽ       
    誰のつぶやきを見るのか、自分で選んでいきます。選ぶときに、相手に同意を求める必要はありません。相手が総理大臣でも法王でもデスピサロでも、勝手に選んで大丈夫な開けた仕組みです。一説では、100人ほど選ぶまでは楽しさがわからないとか何とか。
  •    
  • つぶやきには宛先を補記できる       
    つぶやき宛先補記できる、つぶやき宛先補記できるちぇけら。また、自分宛のつぶやきは別画面に一覧表示できます。
  •    
  • つぶやきは原則すべて公開される      
    「いま何してる?」という問いへの答えが公開されることから、すべての繋がりが始まります。
 

  すんごい端折りましたが、twitterの基本ルールはこんな感じです。   
  あっしが具体的にどういったことに面白さを感じたか書いてみます。

 
       
  • 人が普段何を考えてるのか、何を面白いと思うのか、つぶやきに現れる      
    そこから新しい人や作品に会うこともあります。大好きな作品の作者が自分と似た考えをしてて親近感が湧くことも。つぶやきが会話になるときも、そのやりとりから人間くささが見えてきます。
  •    
  • ニュースが速い      
    雑誌や企業の広報発のものから、同人作家の作品情報まで、特にTVや新聞で扱わないような内容のニュースがすぐに届きます。
  •    
  • 書き逃げしにくい      
    どのアカウントから送られたつぶやきなのか誰からも見える仕組みです。中傷や失礼な発言をすると、そのまま非難が自分に返ってきます。このため、匿名掲示板よりも穏やかな会話が多数です。
  •    
  • 誰にでも話せる      
    ファンだった著名人のつぶやきに感想を書いたり、直接返信したりもできます(ただ相手がそれを読んだり反応するかどうかもまた自由です)。リアルで口下手な人でも大丈夫。
  •    
  • 大喜利やアンケートに手軽に気軽に参加できる      
    芸人さんが主催してるものもあります。頭を柔らかくするために参加してもいいし、暇つぶしにもなります。
  •    
  • Ustreamと連携して遠隔でライブに参加      
    リアルタイムの動画配信サイトUstreamと同時使用すると、ニコニコ動画の生放送のように、共有した動画について語れるグループチャットツールになります。
 

  逆に見えてきた弱点もあるんだけど、これはまた別の機会にまとめます。   
  もしtwitterを気になってたのに始めるきっかけがなかったって人がいれば、ぜひどうぞ。

 

参考サイト:   
Twitter公式サイト    
Twitter(ツイッター) をはじめよう! - GreenSpace   
Twitter公式ナビゲーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

調査捕鯨とオーシャンズ

  映画「オーシャンズ」を観て思うところがあったので、ブログに書こう書こうと思ってたのに忘れてました。
  罪山さんの「これは偽善だ!(映画『オーシャンズ』を観て)」という記事を読んで思い出した。

  以下、大いにネタバレしますのでご注意をば。

  オーシャンズ、映像はすんごいいいんですよ。スクリーンいっぱいの水平線と、高くてどこまでも続く波が爆音立てて押し寄せる絵には、地球の力強さと人間のちっぽけさを感じさせられます。
  海底には見たことのない植物が生えてて、そこに住む変わった生き物を次から次に「どうやって撮ったの?」と思えるほど近接した絵で見られるのも新鮮。「アバター」は架空の星をCGで再現してるけど、地球の海底にもそんな世界があるわけです。深海魚には確か、モンスターとか怪獣なんかの元ネタになってるのもいるんだっけ。あとアザラシがかわいいんだ、これが。

  散々そういう映像が出てきて「癒された」気分で見入ってると、突然「自然を守ろう」的なメッセージと、魚を獲る網に鯨やイルカ、アザラシなどが誤ってかかってしまい、もがいてる絵を見せられます。漁をするのは東洋人。前後して、乱獲で絶滅した生き物の話があり、捕鯨船から鯨に銛が撃たれる様子を見せられます。
  日本人としては、けっこうひっかかります。だって、映画の構成的に、「こういうことの繰り返しで絶滅してるんです」というよりは、「こんな美しい生き物たちを残酷なことに殺してる人がいるんですよ」というメッセージにとれてしまうから。前者のメッセージのみを入れるなら、絶滅に至るまでの記録映画みたいにしないと難しいだろうけどね。

  また、前述の網にかかったイルカ、鯨、アザラシ(と、ヒレを切断されて海に戻されるサメ)は実はロボットであることが監督のインタビューで明らかにされてます。罪山さんが突っ込んでるのはこの部分ですね。

  あっしが書こうと思うのはちょっと別の話です。
  主に捕鯨をしない国で、捕鯨反対の運動が盛んです。日本の捕鯨船が捕鯨反対団体の船に襲われることもあります。ニュースになったのも1回や2回じゃないので、おそらく知ってる人も多いはず。先に書いておくと、あっしは、こうした暴力を行使しての反対運動は卑劣なやり方だと思います。

ニュースでよく書かれるのは「日本の調査捕鯨が、捕鯨を反対する団体に妨害された」といった文面。
  これを見て「調査捕鯨って何?」って思いませんでしたか。

  調査捕鯨は、国際捕鯨取締条約(ICRW)で認められている、生態系を調べるなどの科学調査目的の捕鯨。
  よくわからないのは、調査後の鯨を完全に利用することが条約で定められている点。要は鯨の肉などはあとで販売され、食べられるなどして利用されるということです。ちなみに南極で調査捕鯨が始まったのは、南極で商業捕鯨が禁止された翌年から。
  調査捕鯨が「鯨を食べるために獲るもの」ではないものの、結果的にそうなってるんじゃないの?というわけで、見てみたのが捕鯨協会の公式Q&A。「日本の捕獲調査については、擬似商業捕鯨という指摘がありますが・・・。」という質問、まさにあっしが知りたかったものです。丁寧な回答があります。

  「捕鯨問題Q&A」(日本捕鯨協会)

  そういうわけで、何が言いたいかと言えば、捕鯨反対運動の矛先は「科学的調査のための捕鯨」ではなく、その裏にある「実はこのあとおいしくいただきました」って部分だと思うんですね。で、あっしは別に食べてたっていいじゃないと思うんだけど、「調査捕鯨が妨害された」って伝え方の日本の報道には、字面的に「研究目的なのに妨害してくるよこの人たち!」みたいな主張がされてるように感じて、相容れないのだった。
  日本人に捕鯨問題にもっと興味を持ってもらうためには、調査捕鯨って何?ってところから知ってもらうほうがいいと思うわけです。日本のマスコミの立場からしても、捕鯨反対派の立場からしても。何せ、もともと捕鯨問題の議論には本質と離れたノイズがたくさん紛れてて、それがお互いを理解できない原因にもなってるようだから。

  用語からして難解な捕鯨の話ですが、ほんとに複雑怪奇なことになってるので、興味のある方はWikipediaをご覧ください。史実と、中立の立場での分析を淡々と述べる感じでまとめられてます。

  「捕鯨」(Wikipedia)

  「捕鯨問題」(Wikipedia)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

気になるテクノロジー・文章編

Google 日本語入力 beta
 ベータ版なのにあちこちで話題のIME。
 携帯電話にあるような予測変換の候補に、よく「ググられる」語句が何食わぬ顔で並ぶのが愉快。
 「忌野清志郎」とかの変換しづらい漢字を変換するときは便利。でも、言葉の分野を絞るような機能がなくて、文章を書き進めるうちに絶対使わない語句もちらちら表示されては消えてくのがわずらわしい。正式リリースで、MS-IMEと足して2で割ったぐらいのとこまでこなれれば、また使うかも。

青空文庫
 古くからある有名どころですが、文章繋がりで紹介しちゃおう。著作権切れの、主に日本の文学作品を公開するサイトです。2009年12月時点で、8,633の作品が公開されてます。「奇巌城」の字がふと目についたので調べてみたら、海外作品の翻訳もありました。
 テキストデータの配布もありますが、xhtml形式をウェブブラウザで開いたほうがおそらく読みやすいはず。最近また話題になった読書端末にも取り込めるようです(詳しくは調べてませぬ)。
 ちなみに洋書に関しては、アメリカで1971年から始まったらしいプロジェクト・グーテンベルクというのがあります。Googleも似たことをしてます。

ウィキソース
 著作権切れの文書を公開する、ウィキペディアの姉妹プロジェクト。日本のものはまだ少ない感じ。
 知識を早く広く共有しようとする動きが、年々活発になってきてますね。twitterにも似た流れを感じます。

スタパブログ
 スタパ齋藤氏のブログ。テクノロジーと猫の融合。みたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows 7での音楽系動画投稿

 Windows 7での音楽系動画投稿についてメモ。次の環境・手順でニコニコ動画用に音楽系の動画を作る方には、もしかしたら参考になるかもしれません。

・OSはWindows 7 Professional x64
・曲の元データはWave形式、44.1kHz/16bit
・Premiere Elements 8で背景と字幕合成
・AviUtlでエンコード

 動画投稿サイトにアップした動画は、容量や通信量がある基準を超えると再エンコードという処理がされ、画質や音質が劣化します。逆に言えば、劣化をさけるためには、あらかじめ基準ぎりぎりになるように調整した動画を用意することで、再エンコードを回避しなければなりません。

 手順は下記のようになります。今回さんざん試行錯誤して気づいた留意点をいくつか書きます。

  1. 作った曲を44.1kHz/16bitのwave形式で書き出し。
    ※44.1kHz/32bitだとAviutlが読めない(ちなみに44.1kHz/16bitはCD音質)
  2. Premiere Elementsのサウンドトラックに読み込み。絵や動画、字幕なんかをぺたぺたつける。サウンドトラックはタイミングを見るためのものでPremiereからは出力しないので、サウンドトラックの終点≦その他トラックの終点にしておくと何かと便利。
  3. 「書き出し」タブで「コンピューター」→「AVI」を選ぶ。プリセットの「非圧縮Microsoft AVI」を選んで、詳細設定ボタンを押す。
    ※Premiere Elementsのバージョンによっては、ファイルメニューからの「書き出し」でないと詳細設定ができない模様
  4. 「オーディオを書き出し」チェックを外す。ビデオコーデックを「UYVY」に。幅・高さはそのままでOK。
  5. 「OK」を押して場所とファイル名を設定。全編出力なら「ワークエリアバーの範囲のみ書き出す」はチェックなしでOK。
     動画完成までじっくり待つ。非圧縮なので数分の音なし動画でもGB単位のファイルになったりする。
  6. AviUtl起動。「aviutl_h264 - ニコニコ動画まとめwiki」をちらちら見ながら作業を進める。
     ・「設定」メニューの「サイズの変更」でニコ動サイズに(512 x 384など)に変える
     ・5で作ったAVIファイルをAviUtlにドラッグして放り込む
     ・1で作ったwaveファイルも続けて放り込む
  7. ファイルメニュー「プラグイン出力」から「拡張 x264 出力(GUI)」を選ぶ。前述まとめwikiを見ながら、設定を完了させてエンコード開始。途中MP4Pluginの実行確認(UAC)が表示されるので許可。
    ※今回音質重視ということでエンコード設定は「AAC-LC」。長さが4分だったので、まとめwikiの計算式にあてはめて映像ビットレートは約240kbpsに設定して作りました
    ※拡張 x264 出力(GUI)プラグインが確かに正しい場所にあるのに、プラグイン出力のメニューが灰色表示され使えず長考の構えに入った方は、AviUtlの本体のあるフォルダ(=プラグインも含む)がドライブ直下にあることも確認してみてください。今回はそうしたら使えるようになりました
    ※拡張 x264 出力(GUI)プラグインに必要なファイルのうち、「Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2」はWindows 7 Proでは自力で入れなくていいみたいです。「Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)」も入れようとするとエラーが出た気がしますがごめんなさい忘れました。
  8. MP4ファイル完成。中身をチェックして(†)、Smile Videoから投稿。500人待ちとかになってれば、ご飯を食べに行こう。

    †設定ミスやうっかりミスですんごい内容になってないかよく見るのだ(自分に言い聞かせるように)
  9.  手順はこんなところです。AviUtlや必須プラグインの入手先については、長くなるのでやっぱりまとめwikiをご覧ください。さて、ご飯を食べに行こう(早く行け)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がんばれ剛と地デジと自分

 剛の記者会見を見てたら、なんか仲のいい友人が怒られてるような気分になって泣けてきた。SMAPファンと言えるほど応援してたわけじゃないんだけど、いいともなんかで目にする機会は多くて彼のまじめさに好印象を持ってたし、あまりに突拍子のない話が飛び込んできて心配してたから。記者会見では言葉を選びながら慎重に答えてて、いま説明すべきところは大方説明できてたと思う。
 でもあれだね、ネットを見てても周りの人の話を聞いてても、剛にやさしい言葉をかける人の多いこと多いこと。心配してくれる人に囲まれた、幸せな立場にいる。いまは辛いと思うけど、周りも早く受け入れ態勢を整えたいはず。ほとぼり冷めるまでしばらくの辛抱だ。がんばってほしい。
 まあ、あっしは酔っ払っても床に寝転んで酔拳の真似事を始める程度なのであれだけど、大声で騒ぐ酔っ払いが無関係の人にヒジョーに迷惑なことは確かなわけで。
 といった話をつらつら書いたあとで「酒は飲むとも飲まるるな」という言葉でしめるブログ記事は5,000万件ぐらいあると思うので省略。省略と言いながらほぼ書き終えてますが。がが。

 なんて、4ヶ月ぶりのブログ更新でまさか芸能関係の話を書くとは思ってなかった。更新しない間に怒涛のようにうれしくないことがあり、片手で数えられるぐらいのうれしいことがありました。うれしかったことは、ぼちぼち記事にするかもしれません。しないかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋葉原とドラクエ

 秋葉原の通り魔事件、犯行の直接の動機は仕事でのいさかいにあったことがわかりつつあるようだけど、企業が正社員の数を極力減らし、いつでも「切れる」派遣社員で補おうとする方針を持つのは何も犯人のいた会社だけの話ではなく、やるせない気分になることはあっしにもあるし、愚痴を言うこともある。だけど鬱憤を晴らすのに通り魔をする神経は異常で、非道で、許されない。
 というのが月並みだけど正直な感想。

 で、犯行に至った社会的背景の分析はされるべきだし、対策が施せるなら施すべきだとも思うのだけど、レベルの低い分析が各紙に載せられて、読者の間で話題になっている。ゲーム好きだった犯人が、凶器に「ダガーナイフ」を選んだのはゲームの影響だという内容だ。

 一番ひどいのは中国新聞の次の記事。携帯サイトの見出しでは「●ゲームのアイテムが凶器に。ダガーナイフ。両刃で高い殺傷能力、緩い販売規制。」と、ゲームのアイテムが凶器だと断言している。

 以下、→【秋葉原通り魔事件】凶器のダガーナイフ 高い殺傷力より引用。同記事は産経ニュース等にも転載されている。


「高い殺傷力、販売規制弱く 凶器の「ダガーナイフ」 '08/6/9

 秋葉原の無差別殺傷事件で凶器に使われた「ダガーナイフ」。両刃で殺傷能力が高いが、ほかのナイフと同様「販売規制はないに等しい」(刃物販売業者)のが実情。テレビゲームの武器としても頻繁に登場、ゲーム好きの面を見せる加藤智大容疑者(25)をひきつけた可能性もある。

 ナイフなどの販売業者によると、正当な理由のないダガーナイフなど刃物の携帯は銃刀法で禁じられているが、購入に関する取り決めは、業者の自主判断に委ねられているのが実情という。

 自主規制の動きは一九九八年、栃木県で中学教諭が生徒にナイフで刺殺された事件などを受け強まったが、刃物店の同業組合に加入しないマニア向け護身具ショップには適用されない。栃木の事件で使われたバタフライナイフは全国で「有害玩具類」に指定されたが、今でもネット通販で簡単に購入可能だ。

 あるナイフショップ店員は「十八歳未満にはナイフは売らないが、成人には観賞用に使うと信じて売っている」。「堺刃物商工業協同組合連合会」(大阪)の味岡知行専務理事は「最後は購入者のモラルに頼らざるを得ない」と強調する。

 ダガーナイフは、有名なゲームソフト「ドラゴンクエスト」などにも「アイテム」として登場。専門誌「ナイフマガジン」の稲葉博昭編集長は「青少年に刃物の恐ろしさをもっと教え、きちんとした認識を備えさせる必要がある」と語った。


 この記事の、分析が甘いと思えるのは次の理由による。主にこの記事を書いた記者向けに、薀蓄をたれながら指摘してみよう。

(1) ダガー(Dagger)は西欧に古くから存在する武器。当然ながら、ゲーム以外のメディア、小説、映画、アニメにも数多く登場する。投げることに特化したスローイングダガー(Throwing Dagger)が有名かもしれない。
 ダガーは「短剣」という訳され方をすることもある。この呼び名であれば、「ダガーナイフ」よりも通りがよいはずだ。そもそも犯行に使われた武器が「短剣」という名で売られていれば、何かのメディアとの関係を指摘されることなどあっただろうか。

(2) ドラクエはロールプレイングゲーム(RPG)として分類されることの多いゲームだ。RPGでは、その始祖「Dungeons & Dragons(1974年)」ですでに、ダガーが盗賊、魔法使い向けの装備としてリストアップされている。以降RPGがコンピューターで作られ始めてからも、Wizardry、Ultima等の大御所を含めて、中世西欧風ファンタジーものには再三登場している。
 本来とどめを刺すための武器であったダガーは、RPGでは正面からの攻撃をあまり得意としない者が使う武器として定着している。

 ドラクエもこの系譜上にあるゲームだが、あっしにはなぜか「ダガーナイフ」の登場した記憶がない。
 未プレイのドラクエ7か8に出ていたのかと思い攻略サイトで調べてみると、数多く登場する武器のうち、名前でダガー系だとわかるのはシリーズ通して「ダガーナイフ」「アサシンダガー」「イーグルダガー」の3つだけのようだ。
 アサシンダガーはドラクエ3と7のみに登場。ダガーナイフとイーグルダガーは8のみに登場する。どれもゲームを進めればより性能の良いものが手に入り、店に売られるような位置づけのアイテムだ。
 ドラクエをダガーナイフの登場する代表的なゲームとして紹介するには不十分である。

(3) ドラクエは、ダガーの扱い方を学べたり、ダガーを使いたいと思わせるようなゲームではない。戦闘の様子を具体的に描写しないからだ。描写といえば、武器を振った軌跡が描かれ、ピョロリとかテルルといったシンセサイザーの音が鳴ることと、攻撃が当たれば「へたれの攻撃! スライムに1のダメージ!」、外れれば「へたれの攻撃! ミス!」という文章が表示されることぐらいだ。攻撃が当たれば敵の体力、ヒットポイント(HP)という数値が減る。
 ドラクエでは、特定の攻撃力を示す記号として「ダガーナイフ」という名が使われているに過ぎない。

 上記3点から、記事の書き方が軽率であると思う。記事本文しかり、見出しの要約の仕方しかり、である。「犯人がドラクエでダガーナイフに興味を持ったんだって!」あるいは「ドラクエは、犯人が使ってたダガーナイフが出てくるゲームなんだって!」といった誤認識、または偏見を誘う、印象操作が目的だととられても仕方がない。

 殺傷事件があった際、犯人がゲームを嗜む習慣を持っていなければ凶器が何であれスルーされるのに、習慣があれば「ゲームの影響だ」と脊髄反射的に反応するのは、ある意味病気だと言える。
 この記事を書いた記者には1年ほど、むしろゲーム漬けになって意識を改革することを提案する。某教授の書いた「ゲーム脳の恐怖」のような、ゲームだけが脳に悪影響があるなんていうとんでも説からは解放されてほしい。いま思いつくだけで少なくとも10タイトルは、ゲーム嫌いの人にじっくりプレイしてほしいゲームがある。小説や映画、ドラマなどのフィクションを楽しめる人なら楽しめると思うし、ゲームならではの新しい楽しみ方があることにも気がつくかもしれない。


 ちなみに読売新聞の記事では、「東京・秋葉原の無差別殺傷事件で使われた『ダガーナイフ』は、人気ゲームで主人公が使う武器として登場するなど、若者の人気アイテム」という書き出し。主人公が使うということは、ドラクエではない何かを特定しているようだ。やれやれ。
 →「ダガーナイフ」銃刀法改正も検討へ/読売新聞

 繰り返しになるが、犯人の行動はドラクエの影響有無に関わらず、絶対に許されないものだ。
 こう書くと、字面的にすんごくしょぼい話を熱弁しているようだがそんなことはない。うん、そんなことはないぞ。
 犯人には然るべき処罰がされるべきだし、再発防止のためにも、要因分析は必要だと思う。でもてきとーな分析ならしないほうがましだ。ただそれだけが言いたい。
 最後になったが、被害に遭われた方のご冥福をお祈りする。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

久々に

 久々に、ベッドから転げ落ちて目が覚めた。かなり派手に落ちたので背骨をやったんじゃないかとびくびくしながら起き上がる。
 平凡に生きててふいにこういう刺激があると、何よりもまず日記のネタ、歌のネタにならないものか考えてしまいます。なのにどうしよう、あったことそのまま書いちゃったよ! 昇華不良だよ。昇華ないなあ。

 コードギアスの第2期の放送が始まって、Biglobeで無料のネット配信も始まってます。何かのテレビ番組を待ちわびて1週間を過ごすなんて久しぶり。
 コードギアスは破綻した強引な展開・設定を押し通す娯楽作品らしい娯楽作品だと思いますが、第2期に入って一段と加速してます。

 久々に、マウスで絵を描いてみた。ピロリ菌のうたに登場するミクっぽい生き物です。見よう見まねで描いたので超適当だ。
 
 感染してうなされて絵まで描き始めた。完治する日は来るんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピロリ菌のうた

 今日は朝から頭が痛いし寒気がするけど、この曲を聴くと元気が出る気がするよ。

 作詞作曲が空鍋さん、イラストは三月八日さん。かわいすぎて悶え死にそうだ。初日に20回ぐらいループ再生しました。
 先週の週間Vocaloidランキングで第5位だったのでそこそこ人気があるはずなんですが、なぜか人にすすめると1度もいい感想がもらえません。なぜだ。なぜなんだ。
 動画のかわいさとは相反して、ピロリ菌は胃潰瘍の原因となるものです。40歳以上日本人の半数以上が感染してるとか。

 あなた、ピロリ菌とってるぅ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねんどろいど初音ミク

 ねんどろいど初音ミクを入手。3,000円。可動パーツが多くて、なかなか精巧に作られてます。

 早速組み立てて、その勇姿を撮影してブログに載せようと思い立ちました。
 が。がが。うちにはデジカメがないのです。そこで、超高性能な携帯電話のカメラで撮ってみた。

 このカメラ、高性能すぎて被写体がぶれたりフレームにおさまり切らなかったりします。

 左の画像では、パーツが色々ついてますよ、みたいなことが言いたかったんですが、半分しか撮れてない上に見づらい。顔は「口閉じてる」「口開けてる」「はちゅね顔」の3つ、腕と足は曲げてるのと伸ばしてるのの2つ、それとネギと、ネギを持つための手が付属してます。
 右の画像は組み立てて立たせたところ。台座がないと立ちません。こっちの画像もわかりにくいな。とにかく本物のデジカメがほしくなった。

 パッケージを開けると独特の塗料か何かのにおいがします。フィギュアなんて普段買わないので、このにおいにまずカルチャーショックを受けました。オタクカルチャーとのふれあいを実感する瞬間です。
 パーツは差込み式で、やや激しい運動がされると外れてしまいます。パーツが多い分、安定感がない感じ。まあポーズを一度決めたら動かさずに飾っておけばいいんですが、付属する台座は固定するものというよりは立てかける感じで使うものなので、地震が多い東京では不安です。
 結局置き場所に迷って、箱にしまわれて保管されるのだった。

 紹介したいのか文句が言いたいのかよくわかりませんが、間違いなくかわいいので、ミク好きで、置き場所を確保できるなら買って損はありませんヨ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧