« RMT業者現る | トップページ | Life is Strangeを考える会 »

Life is Strange

 Life is Strange は2015年発売の、時間の巻き戻し能力を使って進めるアドベンチャーゲームで、高評価のレビューが多いので気になって買ってみました。でもカメラ操作が思ったより煩わしく、序盤の序盤で中断して、漬物石を載せて一年ほど寝かせていました。
 ひょっこり思い出して再開したところ、クロエが物語の中心にいることに気づいてからは面白さが加速して止められなくなりました。巻き戻しを使うパズルは単調にならない工夫がされていて、たまに裏切りがあって楽しい。それで一気にエンディングまで進めました。

 ぐす。ぐす。うう。うううう。うわわーん! 号泣である。自分の学生時代の記憶と重ね合わせて、どちらももう戻ってこないんだなあと思うと切なくなって泣いた。
 クリア後には指定品の撮影というやりこみ要素があって、そのためにリプレイ開始です。結末を知った上でリプレイすると、ちょっとした場面でまた泣ける。ぜっ…たい…に……死なせないッ……!! ぶほっ(鼻血)。でも撮影もそんなに数はないのですぐに終わってしまい、現在放心状態であります。このやり場のない情熱をどうしたものか。


 続編がすでに開発中らしいのだけど、マックスとクロエの話ではないと知って一喜一憂する羽目になった。

† まどか☆マギカとの共通点について
 考えてみると単に、「バタフライ効果を端的に表すのに竜巻はわかりやすい」というだけのことかもしれません。いずれにしても、最終問題の解消法がまったく違うのが面白いと思いました。

|

« RMT業者現る | トップページ | Life is Strangeを考える会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42723/64852046

この記事へのトラックバック一覧です: Life is Strange:

« RMT業者現る | トップページ | Life is Strangeを考える会 »