« 2011年8月 | トップページ | 2012年5月 »

2011年12月の記事

EQ IIの無料会員

  久々だ。久々のブログだ。とかなんとか言う言い回しも恒例になって参りました。

  みなさん、エバクエ2遊んでますか? 遊んでませんね?
  あっしは実は5年ぶりに再開していまして、はじめはノーラスの変わりぶりに戸惑いしどおしでした。オリジナルのエバクエに出てきた大陸は次々に「再発見」されていて、見たことのある地名が多くなっていました。見知らぬ場所なのに懐かしい、変な感覚です。ダンジョンや街は、オリジナルへのオマージュたっぷりに、遊びやすくなるようなアレンジがされています。
  遊びやすさといえば、いまどきのネットゲームらしく、短時間で遊びの区切りをつけやすくするような変更が山盛り入っています。ソロプレイと、同一アカウント内の複数キャラ育成を補助する仕組みもあります。

  そんなエバクエ2の料金体系が7日から変わります。無料会員(Free)、シルバー会員(Silver)、ゴールド会員(Gold)の3種にわかれます。無料会員は少なからずゲームルールに制限がつきます。5$入金するとシルバー会員になり、いくつかの制限が解除されます。約15$の月額を支払うとゴールド会員になります。ゴールド会員は従来の通常会員です。

メンバーシップマトリックス(ZAMまとめ)

  過去に一度でも月額を払ったことがあれば、アカウントにログインすると自動的にシルバー会員になります。したがって制限がいくつか解除された状態で、いつでも無料で遊ぶことができます。インストーラーはプレイに必要なデータだけをダウンロードするストリーミング型のがあるので、初回に延々と待つ必要もありません。

  この機会にもし再開・開始する方がいれば、一声かけてもらえれば、歓迎の儀式(悪ノリ系)や大雑把な観光案内ができるかもしれません。ギルドCoffee Breakは健在です。北ケイノスにギルドホールも建ちました。見てるかな。見てないよねえ。
  まあ無料ですし、ふらっと見にきてやってください。

  無料化と同時に、新しい拡張パックが導入されます。拡張パックはオプションで、有料です。
  職業はずっと24種だったのですが、今回獣使いが加わります。傭兵やダンジョン創作キットなどの、うまくいけば楽しくなりそうな機能も追加されます。

  さらに、Evilの拠点フリーポートのリニューアルと公式サイトのリニューアルも行われます。公式サイト、特にEQ2Playersのデータはずいぶん長い間壊れたままでした(EQ2Playersは1週間後に再開するようです)。

  さて、こんな盛りだくさんの変更は7日に始まる予定でしたが、トラブルが起きてまだサーバーがロックされています。
  「この世に明けぬメンテなし」と言いますし、気長に待ちましょう。

  ではメンテ明けに、ノーラスでお会いしましょう。


【補記】EverQuest IIの情報源

  プレイヤーの人口比率の関係もあり、圧倒的に海外サイトのほうが情報が豊富です。とかいいつつあんまり数を知らないのですが、有名どころをご紹介。

日本語サイト

  • EverQuest II 徒然ニュース
    新鮮な情報を続々翻訳・収集してくださっています
  • EQ2 Spells III
    同じく情報が早いサイト。名前の通り、魔法とアビリティのデータベースもあります
  • Wikia EQ2JE
    EQ2iの日本語版という位置づけ。本家とは別視点の攻略記事もあります。ここでわからないことをZAMで調べる感じで使っています
  • 日本サーバー公式フォーラム
    EQを大好きな人、楽しんでいる人がまだまだいることを実感できるところ

英語サイト

  • ZAM EQ II
    ニュース+おそらく最も充実したゲーム情報
  • EQ Wire
    ニュースサイト。まとまった攻略情報として読める記事があります
  • EQ2Map
    地図データベース。カスタムUIとして同じものが提供されています
  • EQ2 Traders Corner
    生産者クラスのための情報サイト
  • EQ2i
    EQ2のWiki。ZAMとは違う視点の記事多数
  • EQ2 Decorators
    膨大な量の調度品の画像つきデータベース
  • EverQuest2.com
    新生公式サイト。日本語サイトは1週間遅れで稼働開始のようです
  • EverQuest II Forum
    英語の公式フォーラム

動画
EQ IIの動画撮影はマシンパワーが必要でハードルが高い印象です。また、自由なカメラワークができるわけではないので創作系はきつそうですが、うまいことやる人はやりますね。工夫次第のようです。最近になって動画のYoutubeへの投稿ボタンがつきました(使ったことないです)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2012年5月 »