« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の記事

トリコとアサシンとメタルギアと銃夢

 東京ゲームショウが始まってます。現地には行ってないけど、情報サイトの速報を見てるうちにPS3がほしくなってきた。ほしいと思うことはいままで一度だってなかったのに、だんだん買う気にさせられてきた。やばいな。そんな余裕ないのに。

人喰いの大鷲トリコ(公式サイト)
 「ICO」「ワンダと巨像」の上田文人さんの新作。動画が公開されてます。少し前から新作も海外では注目されてたらしいけど、知らなかった。濃い霧のような空気と光の表現が継承されてて、懐かしい。
 トリコは猫と犬と鳥がくっついたような架空の生き物。グリフィンともまた違うようだ。
 発売時期は未定。4Gamerの上田さんのインタビューを見ると、完成までもう少し期間が要りそうな感じ。がんばれ上田さん。

アサシンクリードII(公式サイト)
 2009年12月3日発売。暗殺がテーマなだけに血なまぐさい表現が多く、誰にでも薦められるタイプではないのだけど、見所はそれ以外のところにあるのでもどかしい。流血表現は今回もオフにできると思うけども。

METAL GEAR SOLID PEACE WALKER(公式サイト)
 メタルギアは遊ばないと思うけど、人の声で話し歌うコンピューターの表現としてVocaloid 2(NetVOCALOID)が使われるってことで興味津々。ロゴがヤマハの社章に見えてきた。
 公式サイトの「Game System」→「Vocaloid」に歌のサンプルがあります。Vocaloidが生成した直後の声は乾燥しきった機械音なんだけど、NetVOCALOIDはリバーブ、コンプレッサーを最初から使えるらしく、ある程度はいい具合に加工できそう。

[TGS 2009]Neuroskyの脳波コントローラ「MindSet」日本発売決定(4Gamer)

 こちらはPCの話題。以下NeuroSkyの公式サイトより引用。

具体的には、額に一点のみ、ジェルがいらず、簡単に装着できる脳波センサーと、得られた脳波が何を意味するか解釈するeSense(イーセンス)アルゴリズムを開発。今回発表する脳波センサー付きヘッドフォンのMindSetは、販売価格2万円前後での提供となります。さらに、ニューロスカイのウェブサイトから無料でダウンロードできるMindSet向けソフトウェア開発キット、MDT(マインドセット・デベロッパー・ツール)を用いれば、脳波データを使ったアプリケーションを容易に開発することができます。

 まだ簡単なことしかできないようだけど、一昔前の人が聞いたらひっくり返って海老反りそうなことを実用化しちゃってる。ちょっと怖い。
 少し前に読んだ朝日新聞のパワースーツの記事とシンクロして、サイバーパンクな漫画「銃夢」も思い出した。脳以外の体のパーツが人工的に作られて、能力を高めたパーツを使うことで人間が戦う機械に変わる、そんな世界。ジェームズ・キャメロンによる実写映画「Battle Angel」は再来年公開らしいね。

 妄想めいた考えは加速して止まらない。脳波からわかることが増えてセンサーが遠隔で反応するようになれば、テレパスが誕生する。そうなれば人間の生き方にも、携帯やネットがもたらした以上の変化が現れる。うん十年後の小学校には「テレパシー」の授業があるかもしれない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

初音ミクのアペンドのデモソング

 初音ミクのAppendディスク、年内中にリリース予定らしい。デモソングが公式サイトで紹介されてます。

[Vocaloid情報]CV01 Hatsune Miku Appendについて(8月/後編)

 べた打ちらしいのに、既存のVocaloidとは違う声が出てます。違いは微妙っちゃあ微妙だけど、ミク声慣れしてない人でも「このアーティスト誰?」って普通に聴いちゃいそうなレベルに近づきつつあると思う。

 「ミクはべた打ち」なのにこの声が出てると知ると、普段音楽をやらないのに「自分にもできるんじゃね?」と思う人も当然出てくる。
 でもこのデモソング、伴奏データはプロが作ってて、べた打ちのミクにエフェクトを乗せるなどして伴奏になじませる作業(ミキシング、マスタリング)も完了したものだから、いきなりこれが作れるわけじゃありません。

 ……ということをあっしは、初音ミクを買ったあとで、何曲か作ってニコニコ動画にアップして、聴いてくれた人の反応を見たり他の職人さんの作品を聴いたりしてるうちに知りました。
 それなりに勉強は進めてますが、伴奏データ作るのもミキシングマスタリングも(そして肝心のVocaloidの調整も)なかなか思うようにいかず、いまだにプロ技術の凄さを実感する日々です。とりあえず目指すのはCD音質だけど、ハードルはかなり高い位置にあるようだ。

 ただ、ニコニコ動画で常にプロ級の音が求められるかというと、当然そんなこともないんだよね。何だこの脈絡のない文章。

 なんやかや言いつつミクのAppendは買っちゃうだろう。そんな予感がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »