« 2008年11月 | トップページ | 2009年4月 »

2008年12月の記事

ミラーズエッジがほしいと思う日

 日課のように4Gamerのニュースを眺めてたらミラーズエッジのプレイ動画にうっかり見入ってしまった。高層ビルの上を、中を、ひたすら走る。銃弾を避けながらビルからビルに飛び移り、ダクト内を潜行する。ネオやトリニティがエージェントをまくときのような、リアルな緊迫感があるのです。

 そんでヨドバシカメラに行ってきたわけです。買いたいゲームいっぱいあるけどお金がないよ困っちゃうねとか言ってた癖に、衝動買いです。意外と財布の紐はゆるい。
 ゲーム売り場で一番目立ってたのはモンハン新作とファンタジーアースのパッケージ版でした。いまはどちらも買わないので無視して、他にもSporeとかLeft 4 Deadとか気になってたゲームがぞろぞろ並んでますが、見ないようにして棚を回ります。うっかり視界に入るとぷいと首をそむける。首をそむけた状態で硬直し、10を数えてから巡回を続けます。
 でもなかったのだった。あれ。発売されたって記事に出てたから見に来たんだけど。頭から疑問符がいっぱい飛んでいきます。

 結論を言えば、Windows版はまだ出ていなくて、4Gamerの記事はXbox360版のものだったのでした。むむ。むむむ。むむむむむ。いま見ると、記事のタイトルに「Xbox360版」って書いてあるよ!

 それはそうと。その後ファミ通のレビューを見たところ、ミラーズエッジは8点8点8点6点でした。比較的高得点。でも6点って引っかかるな。ちょっと難しい、みたいなことも書いてあった。

 Windows版は2009年1月発売予定らしいです。大人しく待つことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユリイカ「総特集 初音ミク」

 ユリイカが12月の臨時増刊号で初音ミクを特集していて買ってみた。
 ときに聞きなれない外国語単語のカタカナ表記を含む学術的専門用語を散りばめたインテリくさい文章が、目に入って、視神経により信号化されて脳に届く過程がひどく「おいしく」思える。最近本を読まなくなっているので、身体が活字に飢えていたのだと思う。こうした評論家特有の語り口が好きというわけではないのだけど、興味あるテーマだから、どう分析され、どう表現されるのか見ていくのが楽しくて1字1字這うように読み進めている。まだ5つ6つしか記事を読めていないけど、ブームの火付け役である「ニコニコ動画」の話は頻繁に出てくる。
 初音ミクがただの「オタクの玩具」ではなく「SF」であると感じられる人なら、興味深い記事があると思うのでぜひ。


 ついでに、最近ニコニコ動画にあげた自作のクリスマスソングも宣伝。例によって評価はいまいち。初作曲から1周年だし、もうちょっとクォリティー高い曲、受けのいい曲も作りたいね。

◇2008.12.15 追記
 自作曲のほうだけど、何かミクが怖いらしいので、怖いミクが見たい人も見るといいと思った。
 誤解のないように書いておくと、モデルにしたPoserフィギュアはすんごく可愛いんだけど、ライトの当て方とその後の色調補正で怖いミクになってしまった模様。Poser7のプレビューレンダリングで出した画像なんだけど、同じモデルでレンダリング方法を変えると下のような感じ。じゃあ最初からこっちの絵使えよって感じだけど、うむー、動画作ってるときは青白いほうが可愛く見えたんだけどな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年4月 »