« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の記事

[EQII]Echoes of Faydwer

 EQ2の拡張ディスク「エコーズ・オブ・フェイドワー」、入れてみました。


 新種族のFae(フェイ)で新キャラを作成。妖精っぽい、虫っぽい変てこ族です。
 キャラメイクの鬼(自称)10年目のあっしですが、フェイは小柄すぎて多少顔形を変えたところで特徴が出ず、キャラメイクの鬼泣かせです。個性を出すとすれば色と羽根の模様で、原色使いまくりでも、GreaterFaydarkの緑いっぱいの森には似合います。GFayの外でどうなのかはわかりません。

 フェイは常時浮かんでます。自力で高く飛び上がることはできませんが、高い場所から落ちたとき、一切ダメージを受けずにふわりと着地します。レベルが少しあがって種族特性のGlide(グライド)を取得できれば、ジャンプしたときの滞空時間が増えるようになります。
 GreaterFaydarkの森はEQとはまるで別物、川あり丘ありクロードチアリの高低差の激しい本格的な森で、フェイの特性がいかせる設定になってます。うーん、飛びまくるWill-o-Wispが、トワイライトプリンセス(ゼルダ)の金色の虫に見えてしかたない。
 隣のゾーン、Butcherblock山脈、LopingPlanes、LesserFaydark、Steamfont山脈には、触れるだけで死ねるやばめのが住んでました。オークの多くいるClan Crushboneもレベルが足りず、まだ探索できず。


Kelethinのクエストを進めると、光る蝶に変化(へんげ)できる能力SilvaniFormも入手できます。

正直いえば新エリア・新種族とはいえEQ2はEQ2なので、遊びつくした人が新鮮な気持ちで再挑戦する、ってのは難しいかもしれません。日本語版の運営がSqueareEnixからSOEに移管されてから(される前にも兆候はありましたが)、翻訳はじめサービスがぐだぐだなままなのも不安です。相当少人数で運営してるに違いない。

今回ウィザードで始めたので、せっかくだからグループ転送魔法を覚えるまでやってみようかな。そういえばGFayのWizard Spire近くにはNexus Scionが数多の戦乱・天変地異を乗り越えてまだ立ってましたが、アンデッド化してました。例のセリフにも反応せず。南無。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »