« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月の記事

サラ金とメガネとマスク

 消費者金融いわゆるサラ金の宣伝がやけに目につくのは内容に納得のいかぬ不条理さがあるからなのか単にあっしが金に困っているからなのか、メガネを外したほうがいい髪をほどいたほうがいいと見ず知らずの男に言われて微笑むだけだなんて納得がいかない、眉を寄せてこの子何言うてはるのとプリプリしながらいなくなってほしいし、いっそ男にももう少し変わった要望を言わせたい。借り入れ少ないほうがいい風呂に入ったほうがいい、借り入れ少ないほうがいい歯を磨いたほうがいい、メガネは逆さのほうがいい、マスクをかぶったほうがいい、明日から来なくていい、おかまにポンのCMで子供たちは起きてきたお父さんにあいさつをしたほうがいい、などなど。女のリアクションは往復ビンタ、デコピン、キン肉バスター、眉を寄せてこの子何言うてはるのとプリプリしながらいなくなる(2回目)、などなど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

掃除の時間

 カーリングが面白いのです。
 掛け声も霜取り動作もコミカルなので、全国の小中学生が真似してデッキブラシで床を熱心にこする様が目に浮かびます。いま、小中学生に「学校にいて一番楽しい時間は?」と尋ねるアンケートをとれば、「掃除の時間」がだんとつでトップに立つと思うのです。というか、あっしが小学生なら間違いなく真似してます。正確に想像するならば、あっしだけ給食が時間内に食べきれず、みんなが机を全部ががががと教室背面に動かして掃除係が掃除を始めても、まだ食べてるのですが、そのうちに誰かが思いついて、キャーキャー言いながらカーリングの真似をし始めるのです。先にやられた感に打ちひしがれ、ふてくされながら黙々と咀嚼を続けてたあっしの頭上をちりが舞い上がり、空気が濁ってきます。おや、楽しい時間を想像するはずが、トラウマ誕生の瞬間を想像してしまいました。

 以下一夜漬けの受け売り知識。
 スコットランドとオランダ生まれのカーリングは、カナダで国民的な人気のあるスポーツで、オリンピックで公開競技となったのが1988年のカナダのカルガリー大会。その後正式種目になった1998年の長野大会以来、カナダが金メダルを取り続けている。まとめるとスコットランドとオランダとカナダに実に縁のあるスポーツなのです。
 ストーンに回転をかけて(カール)滑らせることからカーリングと呼ばれてて、このストーンはスコットランドで取れる石でしか作らないとか。カーリング用品の専門商社の広告によると、ストーン16個セットのお値段が130~160万円。気になるブラシは1本5,000円~8,500円と、これなら我が家に1本買い揃えてもいいと思えるお値段です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬季オリンピック

 今日はやけにピクミンが騒ぐなあと思い振り返ると、テレビでカーリングの中継をしていました。やー。やー。うぉ。うぉー。うぉー。
 この時期にテレビつけてると彼らのような何かしら一芸に秀でた方々が次々に出てきてすごいことをしでかすので、嫉妬してしまうのです。中でもハーフパイプとモーグリもといモーグルの選手のしでかすことには腹立たしく思えるほど嫉妬します。日ごろゲームのキャラクターにトリッキーな動きをさせて満足している、自分がひどく小さな存在に思えてくるからです。薄暗い部屋で一人背中を曲げて咳をしながらコントローラーをがちゃつかせている間に、彼らは大観衆の前で、自らの体を使って次々に大技を決めているのです。このギャップは何なのでしょう。我々は同じ人間なのでしょうか。
 そんなこんなでゲームキューブの1080°が欲しくなってきました。なんだこの結末。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先月の入出力

 先月から今月にかけて入力された情報のうちとっさに思い出せるもの。
 コーランを知っていますか(阿刀田高著、イスラム教徒ではない立場からコーランを解説する良書)。キラキラヒカル入沢康夫(江国香織の「きらきらひかる」あとがきにてさらっと紹介されてて、本編も楽しめたけどこの詩のほうがインパクト強。詩集とか買い漁りそう。お金もないのに)。スパ王(麺が倍ぐらい入っててもいいと思う)。空きっ腹で食べるカールチーズあじ(忘れてた日本人の心を取り戻せる。あとで腸の調子が超悪くなる)。トミー(来日するミュージカルにあわせてやってた古ーい映画でいま見るとさすがに面白くはない。地味に曲がいいので最後まで観てしまう)。中村屋(ネタ系フラッシュ。これ、ここの人は文字入れただけなのか。Sonyから警告が来てたらしい。音源はグループ魂の「大江戸コール&レスポンス」)。The Japanese Tradition -Sushi-(公開期間が終わっちゃいました。15日からFlashのショートフィルムのとこで土下座が公開予定)。ファンタ先生CM集(誰かが無断録画したのをネットで公開してて知らない先生のがあって笑えた。公式サイトでは「そうだったらいいのにな」シリーズのCMが公開されてますがむしろ先生シリーズを公開してほしい)。FNS地球特捜隊ダイバスター(間違った方向に力を入れてるおかしさを押し出した番組って流行りなのかたくさんあるけど、アニメにしてしまうことで「演出者の笑い」の余地もなくなってていい味出してます。大好きになってしまった)。

 先月から今月にかけて入力され、出力されたもの。
 風邪ウィルス。治してはうつされ、うつしては治りの繰り返し。出社しないで安静にする人に手当てを支給するぐらいにしてみてはどうかと思うのです。そうなれば毎日休んで安静にしておくのに。そうすればみんなハッピーなのに。

 あんまり馬鹿言ってると冥王星人に「愚かな地球人め」とか思われるのでやめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »