« ワンダと2体目の巨像 | トップページ | エアコンとバスマット »

[EQII]Norrath旅行記

 過去の戦没者の眠る地下墓所、裏切りの地下堂――通称ウラチカ。ここでは若干スペックの足りないパソコンで遊ぶ人向けに、至極行き届いたサービスが受けられる。処理が重くなりそろそろパソコンの再起動が必要かなと考えているときに、パソコンからフニガガガピュイーンなどという怪音が聞こえたあと、画面が真っ青になって自動的に再起動してくれるのだ。再起動後にはメモリーリークも解消され、快適にプレイの続きを楽しめるというわけだ。

 

 

 Oonaloopuuという名のNPC。ウーナ・ループーのようにOonaとLoopuuでわけて読むべきだとはわかっているのだが、日本語の有名なフレーズに似通っているために、そうは読めない。むしろ誤った読みをしたほうが大変下品でフリーポートらしさを醸し出してしまうという、不思議な名前である。

 

 

 The Wandering Augurの問いへの答えは、英文が読めるか読めないかで決まる、異色なものであったため当時物議を醸した。
 Rikantusというジジイとは、話すうちに自分までジジイ口調に変わってしまう。Rikantusの人柄がそうさせるのだろう。

 

 

 

 港の桟橋に向かうとき、古い災害の被害者に襲われた。

 
 → 
 呪われたセリフのあとに、生前の職業を思い出したのだろう、丁寧な語りが入り、哀愁をそそる。  
 
   

|

« ワンダと2体目の巨像 | トップページ | エアコンとバスマット »

コメント

何かの本によれば神の言葉で『今日は』という意味らしいです>Oonaloopuu
とまた古いネタを持ち出してみたり見なかったり

下のは最後の文まで台詞ですか・・・そういう職業の方は死なないと思ってたけど違うんですな。そういえば昔ブリティッシュもこんがり焼けてたな・・・

あとEQのコマンド探してたら古いサイトの方に行き当たりました、大変有効活用させていただきました。

投稿: Pur | 2005.12.05 00:37

pu-だpu-だ!
500年後のNorrathにもCTはあるのだ。
とっぷり毒もらて壊滅したさ!

投稿: Fy | 2005.12.05 18:46

Pu-だpu-だ!

旧サイトの情報多少古いんですが活用してもらえてるなら何よりです。

Oonaloopuuが神の言葉で「こんにちは」だってことは知ってました。
嘘デス。

投稿: Ais | 2005.12.07 00:46

最近の500年前はRa-がBard(MM側)で遊びだしてEAの人たちとも遊んだりAlt育てたりしてる。
まだ50代だからCledeとかChocoとかで遊びにくるが良い。

投稿: Pur | 2005.12.15 16:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42723/7457817

この記事へのトラックバック一覧です: [EQII]Norrath旅行記:

« ワンダと2体目の巨像 | トップページ | エアコンとバスマット »