« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月の記事

深夜番組と部屋の掃除

 CMの、フロムAの鶴光師匠も大変にお気に入りですが、ミニKissが可愛いな。

 深夜にやってるドラゴン・ボール・アワーという番組、お笑いのドランクドラゴンとフットボールアワーのふた組が、一人暮らしの女の子の部屋を、本人が留守の間に掃除するという変な番組なんですが、毎週これを楽しみにしてました。始まる1時間ぐらい前から、忘れないようにチャンネルを合わせたりして。一人暮らしだと、掃除も億劫だしさぼっちゃうよね、部屋も自然と汚くなるよね、聴いたCDは出しっぱなし、ちゃぶ台には空き缶空き瓶が立ち並び、買ってきた雑誌は山積みに、なるよねなっちゃうんだよねと半ば自分を納得させながら見るわけです。毎週毎週、紹介される部屋がほんとに汚い。
 でもこの番組、なぜか先週で終わっちゃいました。おかしいな。こんないい番組はないのに。
 ただ、正直言うと、トイレ掃除までさせられる芸人を見て、少し寂しくなったことはあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熟語複合語合成語

 最近よく聴く表現で「ダサかわいい」「ダサかっこいい」というのがあるのだけど、こうした表現には両手を広げて「ようこそ」と言いながら歓迎したいのです。ダサいという、マイナスのイメージが漂いまくる形容詞で表現されるものであっても、よく見るといいところもあるのだとわざわざ言葉で表そうとする姿勢に感動をおぼえるのです。古くは「ヘボナイス」「へたうま」という表現がありましたが、今回は若者にも浸透しそうで期待できます。

 昔から「ダサ」の一言で片付けられることが多かったダサい方たちも、いえ私のことではないのですが、ダサ優しい、ダサ渋い、ダサたくましい、ダサ麗しい、太宰治などという表現をされることにより、自分のことをポジティブに捉えて生きられるではありませんか。私のことではないのですが。
 同様に、「キモ」「クサ」の一言で片付けられる方たちにも、生きる権利が与えられると思うのです。

 でもくっつける単語を三つにして「エロダサ美しい」「クサキモかっこいい」などといった言葉を使う風潮が出てくれば、それはそれでウザわずらわしいしヤバむかつくのでやめてほしいと思う。

 吉田戦車の「かっこいいけどダメな」置き物の4コマを思い出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お湯と財政難

 困りました。風呂桶に湯を流しっぱなしにしてうっかり外に出てしまい、ガス代がえらいことになったのと、調子に乗って映画ばかり観たせいで家計が傾きかけており、3日間参加してた大航海時代オンラインのプレオープンβから正式サービスへの移行も4千円をけちって断念、課金してたMMOの新拡張パックやらアドベンチャーパックやらは未購入だったり、課金すら止めてしまったり。

 この財政難のおかげで、179円の食パンを5つ買って集めた食パン引換券を210円の食パンに引き換えてもらうときに押し寄せる達成感の大きさが格別です。経験値がっぽり入って報酬が食パン、みたいな。
 しょぼいな。

 とか何とかいう文章を、ダンボール箱の机に置いたパソコンで書いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[EQ II]師弟システム

 Everquest IIに、Mentor(師)システムが導入されてます。これ、かなりやばいです。いい意味で。

 要は、レベルの低い友人にあわせて自分のレベルを一時的に低くできて、その間普通に経験値も入るというもの。レベル制のMMORPGでは、仲間内でいっしょに始めても、どんどんレベルを上げちゃう人と、あんまりログインできない人でレベル差があいてしまって、やがて一緒に遊べなくなるってのが問題ではあったのですが、そのあたりが解消されてます。原型になるシステムはどうも別のMMOにあるものらしいのですが、また思い切ったことを考えたものだ。
 「師」には5人までなれるとのことなので、レベル差のあいた友人が複数いる場合にもいっしょに遊べるようです。FF XIにもおそらくは似たコンセプトで作られた「レベル制限エリア」ってのがあるわけですが、EQ IIでは装備品の変更も不要で、自動的に装備の性能がランクダウンする仕掛け。

 ユーザーの声をどしどし取り入れるEQ IIは、公開β状態と言われるとおり、パッチが当たるたびにとんでもない数の変更が入るのだけど、あまりにお手軽に遊べる仕組みになりすぎて、何が起こるかわからないどきどき感がだんだんなくなってるように思えます。MMOって、どういうのが最終形なんだろう。まだまだ模索段階にありますな。

 そうそう、画質の設定は最低のExtreme Performanceでも十分遊べます。この設定だとPCの顔が粘土細工みたく見えたり、接近すると顔や鎧の絵がしょぼかったり、遠くの風景が見えてなかったりするんだけど、プレイ中にそこまで気にして遊ぶことがないので、問題ありません。でも、「Complex Shader Distance」だけは-1から2あたりに動かしとかないと、暗い場所に入ったときに灯りを持ってても周りが見えなくなっちゃいます。Display01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暖房と冷房とレイ

 室温はすでに20度になっていたとして、設定温度20度で冷房させるのと、設定温度20度で暖房させるので何でこんなに違いが出るのか。詳しいことはよくわかりませんが部屋が暑すぎであり、外に出れば傘を忘れたのに凍る冷たさの雨が降っており、あっためられたり冷やされたりで大忙しであり、案の定家に帰ると疼くような頭痛が始まってしまい、薬を飲むためにはまず食べてからという親の言いつけを守るべく、そぼろご飯に納豆をかけたものをぱくぱく食べつつ日記を書くわけですが、映画を観終わって映画館の外に出たときや、小説を読み終えて本を閉じた後に、物語の登場人物になりきっている自分を発見することがあります。唐突に話題が変わりましたが、では火炎を放射する能力を持つ人物が登場する小説「クロスファイア」を読み終わったその足でレイ・チャールズの生涯を描く映画「レイ」を観て、映画館を出たときにどうなったかというと、別段どうにもならなかったのですが、「レイ」は何と言うか予想通りどろどろでした。視覚障害がありながら、視覚障害のあることがほとんど感じられないどろどろな人生で、名古屋のばあちゃんの飼っていた犬もレイって名前だったので、映画でちらっとでも顔を見られるかなあ、元気にしとるかなあとか思ったというのは嘘ですが、レイ・チャールズ役の俳優がはまり役過ぎで、最後に本人の写真が出てきたときにこっちが偽者だと思ってしまったぐらいです。というのは嘘ですが、えーっと。薬飲んで寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »