« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月の記事

ネット依存のドキュメント番組で

 1月24日の0時台に日本テレビで放映されたネット依存についてのドキュメント番組で一番気になったことは、タイトルと違って実はネットゲーム依存の話だったということではなく、ネットゲーム内での会話内容にどの程度信憑性があるのかまったく話されなかったことではなく、森教授がゲームプレイ中の人は「道徳心が低下している」と言い切ったことではなく、別人格が現れて勝手に借金をした人の話がネット依存とどう関係があるのかいまいちわからないことでもなく、この人が妄想癖にとりつかれていたという話にどきっとしたことでもなく、大変よく肥えた方が一日パソコンの前でぶつぶつ言ったり食べ物をぱくついたり取材にはきはきと答えるところを見せられたことでもなく、チャットの会話に含まれる「w」という記号を音読するとどうなるかをまざまざと聞かされたことだった。
 声をあてた人は、ふん、と鼻で笑うような表現をしていた。くすっと笑っていた。すると、声をあげて笑うことを表現するにはやはり「あははw」のような書き方が必要になるという解釈だろうか。「www」のように連続されたフレーズだとどう解釈されるのだろうか。「wwwあははwww」のように組み合わされたときにはどうだろうか。笑ったり怒ったり泣いたりする顔文字とあわせて、チャットの文章を声と表情で演技してもらうような罰ゲームは面白いと思うのだけど、そういう企画はもう誰かやったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰宅の手順

 終業のチャイムが鳴った。

 キーボードを叩いていた指をぴたりと止めて、一息に立ち上がる。衝撃で、コロのついた椅子が窓際に向けて滑ってゆく。椅子の滑る間に、高速で上着を取り、タイムカードを通す。引き返すや否や滑る椅子を追ってダイブし、椅子もろとも窓ガラスに突進する。派手に窓ガラスが割れて、屋外に飛び出す。打ち合わせどおりに通過するヘリから下ろされた縄梯子を捕らえ、夜景を目の下に北に飛ぶ。

 自宅が見えた。

 縄梯子から離した手を大きく広げて、自宅の窓を目掛けて飛ぶ。窓を破って室内に潜入し、回転しながら部屋にある東京23区推奨ゴミ収集袋(炭酸カルシウム30%混入ポリエチレン使用)をつかみ、玄関の扉を突き破って外に飛び出す。勢いで階段を転がり、階下にある鳥避けネットに突入する。

 ゴミ出し完了。至福を感じる一瞬である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犬とハッスルとShoooShooとおにぎり

 自転車の前カゴに白い犬を乗せたおばちゃんがいて、犬がこっちに首を向けないかじっと見ながら通過しようとしたら、空耳だと思うのだけど、おばちゃんが「わん」と言ったように聞こえた。

 カンフーハッスルを観に行ったら、金曜の夜なので客席がガラガラ。3人しか座ってなかった。映画のほうは、日本人から見ると、笑いのピントをすこーし外してるように思える。
 どういうのが面白いかっていうのは日々移り変わるものだし、笑いってデリケートですな。

 EQ2に、ShooShoo言うハーフリングのお姉さんがいるのだけど、ネタにしようと考えてたら某所ですでに取り上げられており、旬なネタは早いもん勝ちなところがあるなと思った。まあ今からでもどうにかして使えないことはなかったのだけど。
 あとハーフリングのお姉さんの声に混じる「ひゅっ」という音が大好きです。

 コンビニおにぎりの海苔が開封時に切り取られる問題について、真剣に考えようと原稿も用意して手直ししてたら、今週の雑誌で漫画のネタになっており、いまさら書いて真似したと思われるのも癪なので、思いついたらすぐ書くようにしようと思った。
 まあでも思いつきをすぐ書くと後悔することも多いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰り道とタクシー

 帰り道は車道沿いなんですが人通りが少なく、信号のないところでも車道を横断しちゃえます。たまに猫も渡ってます。左官のお兄ちゃんも渡ってます。定食屋のおやじも渡ってます。大家さんが渡ってるかどうかはちょっとわかりません。ちょうど車道がカーブにさしかかるあたりでよく横断するんですが、この道路、なぜかタクシーがよく通ります。渡ろうかな、と歩みをゆるやかにして左右をきょろきょろすると、ちょうどカーブした先から徐行速度でタクシーが来ることがよくあって、勘違いしたタクシーの運ちゃんが私を拾おうとしてくるんです。ここでほわほわほわと頭上に大きな吹き出しがわいて出てくるのですが、気の弱い私は勘違いですと言うわけにもいかず、乗り込んで「お、大阪まで大急ぎで。着いたら起こしてください」と注文し無駄なドライブをした挙句、お金を払ったあとじっと手を見る羽目になるなあ、とここで吹き出しはさっと消えるのですが、きょろきょろするのをやめて何事もなかったようにまた歩きつづけるのです。
 帰り道は毎日こんなです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

布団の本体

 我々はよく冷えた寝室で睡眠中、無意識のうちに掛け布団の端を引っ張り、体全面を覆うように試みることがある。だが、こうした試みが繰り返される都度にシーツだけが引っ張られ、内部に存在する掛け布団の本体がやがてシーツの四隅にまで行き渡らなくなることがある。四隅で固定されない状態の掛け布団は、2日ほど観察を続けると平らであることを拒否し、丸まり始める。寒さに抵抗せんと我々が無意識のうちに伸ばした腕は、もぬけの空であるシーツをたぐり寄せるに留まり、掛け布団の丸まりを助長することとなる。3日目に、人間大の丸まった存在と化した掛け布団の本体と我々の区別は甚だ困難になっている。4日目、目覚し時計がアラーム音を鳴らし始めると、上半身を起こした掛け布団がアラームのスイッチを切った。口を押さえながら「ふぁーあ」と大きなあくびをして立ち上がり、洗面所に入っていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年の思ひ出

 2004年。振り返るとココ壱に納豆チーズカレーを食べに通いつめたり、Golden Logresで2台目の台を見られて狂喜乱舞したり、あ、Rogelsだっけ? Logresでいいのか。セガサターンを捨てに行ったら謎のおっちゃんに持ってかれたり、美奈沢先生に怒られたり、デュ・プレに涙したり、LIBRIeを試しに使ってみたり、ホームランだと思ったらVTRだったり、寂しい生活をしてる27歳主婦からメールが届いたり、ウィルスが届いたり、百年の孤独のウルスラに萌えたり、古い日記を削除したり、ICOの小説版に手を出してみたり、納豆について啓蒙活動を行ったり、いいわけがうまくなったり、Blogを始めたり、Blogを比較してみたり、月面に降り立つ爺の画像を作ったり、拷問を受けたり、EQの情報だけ別に移したり、カ行にこだわったり、さりげなく誤植を報告したり、デート商法に興味を持ったり、台風RPGの登場を予測したり、シンメトリー画像にこだわったり、らもさんの死去を悼んだり、しつこくシンメトリー画像を作ってみたり、ヒートアイランド現象を憂えたり、RMTについて考えたり、お金がないことをぶつくさ言ったり、EQ廃人の生活をレポートしたり、卓球の観方について啓蒙活動を行ったり、お祝いを言ったり、FFXIを始めたり、揺れるおやじを目撃したり、いろいろ慣れてきたり、セブン12話が気になったり、映画の予告編で涙したり、FFとEQを比べたり、欲しいゲームが買えないことを嘆いたり、東京の人に目を向けてみたり、EQ2を始めたり、グルメライフをレポートしたり、EQのUIについて2回に渡って報告したり、栄養補助食品を食べまくったり、EQ2のコマンドをまとめたり、包装紙の匂いへのあふれる思いを綴ったり、サイコな思い出を書いたり、犬を観察したり、霊魂を観察したり、雪を観察したりした1年でした。

 と書いてるうちに年が明けてしまい、来年の抱負とかを書いてせっかくきれいにまとめようとしてたのにおじゃんになったことについて、今どこにもやりようのない怒りをどうしてくれようか、とゆっくり考えてるところです。

 そりゃそうと、今年もよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »