« 天然の定義 | トップページ | テツトモ »

シューティング

 シューティングゲームがものすごく得意かと聞かれるとそうではないと答えますが、それなりに点数を稼いで先に進めるほうかと聞かれるとそうでもないと答えますが、人に見せられるようなプレイができるかと聞かれるとうなづくことはできません。

 はっきり言えばヘタクソなのです。

 そんなあっしが買ったのが、トレジャーがゲームキューブで出してる斑鳩(いかるが)。以前、アーケード版を遊んだことがあって、1回ではまりました。

 自機敵機ともに白黒の属性があって、同属性の弾は吸収してエネルギーに変換できます。ヘタクソの視点で言いますと、黒い敵弾に囲まれてピンチになれば、自機を黒属性に変えちゃえば当たっても死なないわけです。てか、死なないどころか逆に強まるのでウハウハであると。

 で、ステージ1は自由度が高くてヘタクソなりの無茶ができるんですが、ステージ2、3からはヘタクソだとどうにもならないような展開になっちゃいます。しかも上に書いたような特徴を駆使しないといけないので余計に難しかったり。

 ただ、シューティングゲームは易しすぎて楽に進めちゃっても面白くないわけで。

 一見身動きできなさそうなほど無数に飛び交う敵弾の間をかいくぐり、敵機を撃ち落してく自分に酔いしれることができるのが、シューティングゲームの醍醐味だと思います。

 ってヘタクソが何言ってますか。

|

« 天然の定義 | トップページ | テツトモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42723/947349

この記事へのトラックバック一覧です: シューティング:

« 天然の定義 | トップページ | テツトモ »