« デート商法 | トップページ | Symmetry »

近未来のMMORPG

 少し前のことだけど、安井勉先生が、最近のMMORPG(多人数参加型のオンラインRPG)に元気がないことをSlashGamesのコラムで嘆いておられた。

 新作MMOがちょっといい感じのシステムを持って登場しても、古参のMMOはプログラムを改良して似たようなことができるように変身してしまう。これでは人気を奪えない。
 それならいっそのこと、修正パッチでは変えられないほどの大掛かりなシステムを作ればいい。アイディアを、3つ挙げてみた。

1)モノの実在感

 MMORPGの絵は年々リアルになっているが、依然としてD&Dなどの、人と人がテーブルをはさんで会話で話を進めるロールプレイングゲームの名残がある。
 D&Dでは、戦闘シーンの位置関係を把握するため、冒険者の人形とマス目の入ったタイルを使うことがあった。ルール上は冒険者は相手の武器を避けたり、武器を叩き落したりもする。サイコロの目によってこれらの行動は起きるのだが、人形はこうした動きをするわけではない。
 似たことがいまのMMORPGにも言える。MMORPGの冒険者はひとつひとつのアクションはリアルだが、動きには他のキャラクターとの関係がない。剣を払う動作に同期して相手の剣が地面に落ちることはないし、攻撃を受けてのけぞるキャラクターには、相手の武器は当たっていない。この意味ではMMORPGのキャラクターは、まだ人形の延長線上にある。

 モノが他者に影響を与えるシステムが欲しい。打ち出された拳を受け止めるために左手を出した場合、受け止められれば、拳が左手におさまるところまで表現する。続けて頭突きをされたなら、右手が頭を押さえるところまで表現する。さらに今度はむちのようにしなる尻尾が向かってくれば、ぴょんと跳んで尻尾を両足で挟むところまで表現する。強者同士が戦えば、北斗神拳風の無数の交錯の残像が表れるようになる。
 これなら、カンフー映画やチャンバラを好きな人たちを取り込めるだろう。ほかにも、上から落ちて体当たりとか、壁を崩して逃げるとか、足払いで転ばせるとか、敵の目前に立ちはだかって仲間をかばうとか、オグマ的なジャンプアタックで敵の背後をとるとか、額に肉と書いて逃げるとか、攻略方法に幅を出せれば、工夫するのも楽しくなるだろう。

2)コンピューター操作の人物(NPC)の知能

 喧嘩が始まった後でも、話し合いや命乞いの通じる相手もいるはずだ。NPCが状況によってセリフや行動を選ぶようにしなければならない。
 NPCの判断は、取り入れた情報によって刻々と変化させる。判断に使うAIには、人間の正義や情、徳といった概念も教えこんでおく。こうして初めて、RPGの肝である会話を楽しむことができるようになる。
 萌えNPCと恋を語れるようになるかもしれない。暇を持て余す町人と、世間話ができるようになるかもしれない。冒険のパートナーになることもあるだろう。話に夢中になって時の経つのを忘れることも、気がつくと100年後で誰も知り合いがいなくなっていることもあるかもしれない。
 恋愛シミュレーション好きや話好きの主婦、テーブルトークRPG好き、タイムスリップ好きを取り込むのだ。

3)マニア受け

 一部のマニアをターゲットに細々とやっていくニッチ作戦である。今後も風変わりなMMORPGがいくつも発売されては消えていくだろう。まだ出ていないのが不思議なジャンルがあるので、書いておこう。


  • 自分RPG(自分の生活環境を入力すると、自分の生活を疑似体験できる。自分好きに)

  • ゴキブリ族RPG(ブリオリス族の一生を体験できる。生活領域をかけ集団戦で人と戦うこともある。奥義は「飛びつく」。ゴキブリ好きに)

  • 足RPG(ファンタジーの世界だが、足の役割だけを演じる。歩いたり蹴ったりからまったり折れたり寝たときに足元にある扇風機のスイッチを操作したり鼻をほじったりする。足フェチ向け)

  • 禿RPG(育毛法を求めて全国をさすらう禿の禿による禿のためのRPG)

  • 熱帯低気圧RPG(微妙に進路を調整しながら屋根を吹き飛ばしていくRPG)

  • RPRPGPG(Role Playing RPG Playing Game。RPGを遊ぶ人に成り切って遊ぶふりをするRPG)

  • ごった煮RPG(上にあげたものを全部兼ね備えたRPG。すなわち自分の生活環境を入力すると、ブリオリス族の足になり、育毛法を求めて全国の屋根を吹き飛ばしていくというRPGを遊ぶ人に成り切って遊ぶふりをするRPG)

 現時点では妄想の世界だが、ゆくゆくはきっと出てくるシステムである。実現するのは5年後か、10年後か。CPUの能力と通信速度とプログラミング技術がそそくさと上がることを願うばかりだ。

|

« デート商法 | トップページ | Symmetry »

コメント

記事とは関係ないけどBBS代わりに思った事を
Mageloの背景かっこよすぎです
Alfはがに股気味だし
Fyは裸足だし
Ra-は腕からとげ出てるし
Purにいたっては脱皮のしすぎで骨になっちゃってるし
しかしそれら全てを躍動感あふれるChokiが塗り替えているいい画ですな
Purに対する位置の骨もいい感じです
真似して自分のMageloも白黒にしようとしたら訳わかんなくなったのでカラーのままで・・・
VGAがいかれてるのかEQのSSもちゃんと取れないので無駄に上がった容量を色数抑える事で下げたかったのに・・・
Mageloの管理任されてるついでにRa-とSnriのも背景つけたら不評でした・・・
ああ、全然関係ないことをだらだらと・・・
仕方ないのでEQ内でも言ったけど熱低RPGが面白そうです

投稿: Pur | 2004.07.26 08:25

あのChokidaiの動きはいいですな。ちょうどパーティーが前の画像と同じクラス構成だったので使ってみました。画像処理、簡単なのだったらやっちゃいますよ。

投稿: Ais | 2004.07.26 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42723/1030202

この記事へのトラックバック一覧です: 近未来のMMORPG:

« デート商法 | トップページ | Symmetry »